前へ
次へ

健康食を血糖値の動きを抑えながら食べる

炭水化物などのエネルギーの元を食べると胃で消化されて血中に取り込まれます。
血中に取り込まれた糖分はインスリンによって分解されエネルギー源として使われます。
このエネルギーがあるからこそ正常な生活ができると言えるでしょう。
もし糖分を摂取し過ぎれば使わないエネルギーが体内に脂肪として残されますし、糖分をエネルギーに変えられない病気になっていればだるさを感じるようになります。
これは糖尿病の症状かもしれません。
糖尿病の全てではないものの、暴飲暴食が原因で糖尿病になるときは血糖値のコントロールができていない可能性があります。
いくら健康食を摂取したとしても血糖値の値の変動が大きいと血糖値スパイクと呼ばれる状態が起き、血管が非常に傷む可能性があります。
健康食を食べようとするときには血糖値スパイクが起きないよう工夫する必要があるでしょう。
日頃から食べる量をコントロールするようにすれば血糖値の動きを抑えることができるでしょう。

Page Top